完成したフォトブックは後で変更できない

フォトブックは、複数の写真を使って1冊の写真集のような本を作ることができるサービスであり、従来のフォトアルバムに代わるものとして人気がありますが、注意しておきたいデメリットもあります。まず挙げられるデメリットは、フォトブックの特性上「後から写真を追加したり、変更したりできない」ということです。フォトアルバムであれば、残りのページに写真を追加したり、違う写真に貼り替えたりすることができますが、フォトブックは写真が印刷された本なのでそれができません。また、フォトブックの場合は一度印刷してしまったら内容を変更できないので、「いい写真が沢山ある場合は写真選びで迷ってしまう」ということがデメリットになるケースもあるでしょう。

フォトブックのその他のデメリット

その他のデメリットとしては、「PCやスマホをある程度使いこなす必要がある」ということが挙げられます。フォトブックの注文は、インターネット上でできるのですが、その際は無料でダウンロードできる編集ソフト使って自分でレイアウトなどを決めるという作業を行うのが一般的です。ソフトの操作はそこまで難しいものではないのですが、PCやスマホを使いこなせないとサービスの利用は難しいかもしれません。さらにフォトブックの場合は、「元々の写真よりも画質が落ちてしまう場合がある」ということもデメリットです。中には画質がしっかり維持できるサービスもあるようなので、画質にこだわりたい場合はそうしたサービスを選ぶ必要があるでしょう。