テーマから決めよう!

フォトブックを作るときは、テーマを統一することが大切です。テーマを統一することで、写真にまとまりがでますよ。わかりやすく説明すると、例えば家族旅行をテーマに決めたのであれば、最初から最後まで家族旅行の写真だけで1冊のフォトブックにしましょうということです。また、テーマに沿っていても、同じ被写体の写真ばかりにならないように注意しましょう。家族旅行の中心は子どもの写真でもかまわないのですが、いくら子どもがかわいいからといって、同じようなポーズのアップ写真ばかりだと、どこに誰と旅行したのかがわからなくなってしまいます。年月が経過すると記憶は曖昧になりやいですが、テーマが統一されたフォトブックなら、後で見返したときに思い出しやすいですよ。

コメントを考えよう!

フォトブックなのだから、写真だけでいいと思っていませんか。確かに、撮影した直後なら写真の詳細を覚えているかもしれません。しかし、20年後にその写真の詳細を聞かれたら、完璧に答えられる自信はありますか。コメントをつければ、20年後に見ても、30年後に見ても、その写真の詳細がよくわかります。またコメントがあれば、ただ記録としてだけではなく、そのときの感情も一緒に残しておくことができます。さらに、コメントは写真にストーリー性を持たせるのに便利です。ストーリー性があることで、フォトブックを見るのが楽しくなるでしょう。最後に、コメントを入れるときは、写真だけではわからないプラスアルファの情報を加えることをおすすめします。